失敗しない効く精力剤の選び方

 

リアルにペニス増大を研究しているチンエモンです。

 

精力剤選び、ポイントですよね〜!

管理人自らが5cm増大した結果はこちら

 

 

 

前々回は、精力剤ってそもそもどういうものなのか?、前回は精力剤の成分とは?について解説しました。

 

今回は失敗しない効く精力剤の選び方について解説したいと思います。


 

 

基本的にサプリメント系は誇大広告だと思って良いと思います。

 

冒頭でも書きましたが、特にペニス増大サプリメント系は大げさに書いている物が多く、広告の文言をそのまま信用して買う人が大多数なので、モチベーションが続かずに断念してしまいます。

 

せっかく効果あっても、効果に乖離があるとキナ臭い代物扱いになってしまいます。

 

とはいえ、このあたりは現在、厚生省の方でも誇大広告の改善が頻繁に行われているので徐々に淘汰されていくと思っていますが・・・

 

 

なので「この精力剤は絶対効く」「だれでも最強」なんて言葉を使っているなら、話は半分に聞いておくぐらいがちょうどいいと思います。管理人があれこれ試しているのでそちらをご参考ください。

 

  増大サプリ探しの旅

医薬品は安全

誇大広告は、医薬品になってくると、国がその効果の根拠を問われるので効果については国のお墨付きということになりますよね。

 

 

バイアグラなどのジェネリック医薬品(バイアグラの主成分であるシルデナフィルクエン酸塩錠を含む医薬品)であれば、興奮作用、勃起力増大というのが国によってその効果があります!と認められていることになるので、効能にしては安心できるというところがあるというわけですね。

 

ただ、その反面では、医師の処方箋を必要とするため、安易に入手しにくく、海外通販などを利用して手に入れるしかなくなります。

海外通販はかなり偽物が横行してるので、正規ルートで購入しないとかなり危険だと言われていますね。

 

さて、サプリメントの方に話を戻しますが、もし効果効能ををある程度目星をつけておきたいなら、配合されている成分を見るべきですね。

 

 

どの程度失敗がなさそうなのか、ある程度の目安になると思います。

 

ただ、それもだいたいの目安でしかなく、実際に効果があるかどうかは、人それぞれで、この組み合わせが自分にはしっくりくるというのはかなりあります。

 

体質であったり、生活環境だったり、人というのは同じようで個々でまったく異なった反応をする場合があるので、この人にはこれが効きやすいとか、この人にはこれが効かないとかは医療の政界では「あるある」のことだったりします。ただ、それでも多くの人を対象として効きやすい成分を調合してるということになりますね。

 

なので、選択するときは、目的に応じて外せない成分が入っているものを選択していけばおおよそは大丈夫だと思っています。

 

ようするに「絶対」ではなく「失敗しにくい」ものを選ぶってことですね。

 

成分チェックは単純に「原材料表示」を確認して目的の成分が入っているかをチェックしましょう。

 

  精力剤の成分とは?

原材料表示の配合比率でサプリを選ぶ

基本的に原材料表示というものは、配合成分が多い順に並んでいます。これは風邪薬や、胃腸薬など、すべての医薬品などにも共通することです。

 

 

また、風邪薬で自分の症状に応じた薬をピンポイントに買おうと思ったら、風邪薬の効能についての説明書を見てみましょう。例えば、鼻水、鼻ずまり、咳・・・・・ と記載された順番ならその風邪薬の一番効く症状は「鼻水」となります。

 

 

目薬であれば、目の疲れ、めのかすみ、結膜充血・・・・・と記載されているなら「目の疲れ」に一番効果があるということです。

 

成分表記もおおよそこの順番になっていますし、効果効能についても一番最初に書かれていることが一番効くということになります。つまり、気になる成分ができるだけ最初の方に書かれていれば、配合量も多いということですね。

 

正確なグラム数は記載されてないことが多いですが、その錠剤やカプセルに含まれる、あくまで配合比率での参考になりますね。

ペニスを増大される成分

例えば、ペニスを増大させたいなら、「シトルリン」や「アルギニン」、「亜鉛」が多いのは基本と言えるでしょう。

 

 

シトルリンは多くの食品にも使われていますが、配合の問題なので、シトルリンだけ摂取してもペニスはまったく増大しませんよ。

 

シトルリン

アミノ酸のひとつで、血管を拡張し血流をスムーズにしてます。
増大サプリは特に海綿体に血流を集めないとダメなので、シトルリンは必須といえます。

 

スイカなどに多く含まれるのでで、スイカを食べると代謝がよくなりダイエットできると言われていますね。ダイエット食品にシトルリンが多く含まれているのもこういうことですね。

 

アルギニン

天然に存在するアミノ酸のひとつです。ホルモン分泌して、精子を増やす働きがあります。
体内で一酸化炭素を生成して血液の流れをスムーズにします。

 

亜鉛

タンパク質を体内で作り、ホルモン成長を促進します。生殖器官や前立腺の働きを補い、精子を増やしたり、ビタミンB6と摂取することによってEDにも効果的。

 

 

と、増大サプリであれば、この3つは入っておいた方が良いということになります。

精力剤によって、この3つの効果を補う成分や組み合わせがあるので一概には言えませんが・・・目安です。

 

 

これに加え、マカトッカントアリガラナオルニチンアスパラギンなどの成分などもチェックしておくといいと思います。

 

マカ

勃起不全に有効。陰茎の血流を活発にする。

 

トッカントアリ

別名を「森のバイアグラ」
男性ホルモンの分泌を促す。スタミナ増強効果。精子を活発する。

 

ガラナ

ガラナに含まれるカフェインが、血流が活発になり精力を高める。
またSEX時に満足感や陶酔感を得られる。

 

オルニチン

成長ホルモンの分泌を促進。筋肉を作るときに補助的な作用。

 

アスパラギン

「スタミナドリンク」の有効成分として用いられている事が多い
スタミナを増大効果と、疲労に対しての抵抗力を高める効果がある。

 

ちなみに管理人が実際に使用した増大サプリメントはこのチェックを元にしたので、上記のすべての成分に加え、増大に効果的な成分がすべて入っていました。

 

失敗しない効く精力剤の選び方

 

 

 

その他、増大目的でない場合などでは、

 

動物性成分が多い方が精力増強できそうだから、動物性の種類がたくさん書かれている方を選ぶとか。

 

催淫効果を強くしたいなら、植物性成分が多めのものを選ぶとか。

 

 

そういう風にして、原材料表示の成分割合を参考にすると、悩んだときに選びやすくなりますね。

 

ただ、あくまで大枠的な選定方法なので、実際飲んでみて、自分に効果がハマるかどうかは飲んでみないとわからないということになります。

 

このサイトでも精力剤によく使われている成分を掲載しておきますので、成分表示を見て、何の成分かよくわからなくなったら、チェックしてくださいね。

 

 

増大サプリの効果ある飲み方とは